肌のたるみは人間の証

肌のたるみは人間の証

肌が弛(たる)む原因を加齢と思っていませんか、それは誤りです。
肌が弛むのは筋力が衰えているから、歳を取っても筋力が衰えていなければ肌の弛みを防げるのです。
筋力は加齢で衰えると考えるのも誤り、筋力を使わなければ若くても肌は弛む、年齢に関係なく鍛えることで筋力は維持出来るのです。
痩せている人に比べ、太っている人は筋力が必要、筋トレが嫌ならダイエットをして痩せましょう。
なぜ、筋力が劣ると肌は弛むのか?理由は簡単、重力が関係しています。
地球に引っ張られるため、肌は弛む。
地球に引っ張られるのが嫌なら、逆立ちをしてみる。
起立した状態では足のほうに肌は引っ張られるのだが、逆立ちをすれば頭部のほうに肌は引っ張られる。

1日24時間のうち平均睡眠時間は約8時間とすると、残りの時間は16時間。
16時間のうち、足を下にする時間が長いと肌の弛みは足の方に向くのだが、頭部を下にする時間が長いと肌の弛みは頭部の方に向く。
16時間の半分は8時間、8時間以上、頭部を下にするのはシンドイ、なぜだ?理由は簡単、頭部を支える筋力が衰えているから。
四足歩行の猿が進化して二足歩行の人間になったとされているが、二足歩行になったことで腕などの筋力は衰えた。
肌の弛みは二足歩行の人間になった証、なにも恥ずかしいことではないのだ。
弛みがどうしても気になるなら、猿のマネをして四足歩行の練習をしてみましょう。

太っている人の顔は風船のようにパツンパツンに膨れているため、シワが出来にくい。
反対に痩せていると、シワが出来やすい。
そのため、シワが嫌なら太る、しかし、太ると脂肪を支える筋力が必要、その筋力がないと脂肪を支えられず肌は弛む。
シワは嫌だけど肌が弛むものも嫌だと言うのは、無理がある。
両方上手くいく方法はないかアレヤコレヤ考えると、眉間にシワが出来る。

たるみ・シワ対策で大事になること

たるみシワで悩んでいる女性は多いですが意外とたるみやシワ対策をしっかりやってないという人は多いです。
では、どのようにしてたるみやシワ対策をやるのが良いかというとそれにはしっかり日頃からしっかり紫外線対策が重要になります。

意外と多くの人が見落としているのが紫外線対策で気にしている人は多いのですが、その対策の仕方間違っている人が多いです。
それはどういう事かというと、肌のたるみやシワを気にして紫外線を浴びないようにしているのですがその対策が間違っているせいで結局紫外線を浴びてしまっているというのがあります。

では、どうやって対処しいていけば良いかというと直射日光だけ気にするというのをやめて部屋の窓から入ってくる太陽光線も気にするようにしないといけないです。
なぜなら窓から入ってきた太陽の光は直接には浴びてなくても浴びてしまって肌の老化が進んでいくからです。

なので直射日光以外の太陽の光も浴びないように気を付ける事がたるみ・シワ対策で大事になります。

たるみ・シワ対策のおすすめな方法

たるみ・シワ対策をすることで、将来的に肌のトラブルで悩むことが減ります。そんなたるみ・シワ対策の効果的な方法として、外出時は紫外線に注意し、日焼け止めを活用し、紫外線に当たる時間を極力減らすことです。紫外線は肌にとって大敵ですし、肌が大きなダメージを受けてしまうので、たるみ、シワの原因となってしまいます。日焼け止めは飲む日焼け止めタイプもあり、塗るのが面倒と言う場合には、飲むタイプを活用するのがおすすめです。

また、生活習慣が良くなければ肌トラブルの原因となるので、暴飲暴食や飲酒喫煙には十分に注意してください。規則正しく生活し、そして、こまめなスキンケアで肌に潤いを与え続けることで、たるみ・シワのケアをすることができます。年齢を重ねていくにつれて肌のことで悩むことが増えるので、できるだけ若いうちからスキンケアを丁寧に行うことが大切です。大切なことは、極力紫外線を避け、生活習慣に気を付けることになります。

タイトルとURLをコピーしました