黄色人種として生まれた証

正月太りする者は少なくないだろう。
正月太りするのは、料理が傷まないよう濃い目の味付けがされておりカロリーが高いから、また、正月の頃は気温が低く出歩くのが億劫で運動不足になるから。
温かいコタツに入りミカンばかり食べていると肌は黄色くなる、黄色人種は黄色のモノばかり食べたから黄色くなったのだろうか?そんなはずはない、ミカンを沢山食べれば肌は黄色くなるが一時的に過ぎない、暫くすれば元の肌色に戻る。
黒人は肌が黒い、もちろん、黒いモノばかり食べたわけではない。
黄色人種は日に焼けると肌が黒くなる、連日、日に焼けても黄色人種は黒人にはならない。
白人だって日に焼ける、しかし、肌は赤くなるだけで黒くはならない。
黄色人種と白人、同じだけ日に焼けたら、黄色人種のほうが肌は黒くなる。
短期間のレベルではなく、日が当たるのが強い環境にいると体を守るために肌は黒くなったのではないだろうか。日傘も白色より黒色のほうが、UV対策に向いているくらいだから。
顔の彫りが深いのに憧れる者は少なくない、顔の彫りも肌の色と同じで環境によるもの。
日差しが強いと目はダメージを受けるため、目は奥に凹(くぼ)む。目の位置が奥に凹んだのであって、眉毛の位置が前に出たわけではない。
顔の彫りが深いのを、眉毛の位置が前に出ていると勘違いしている者がいるが、それは誤りだ。
環境によって肌の色、体のつくりは変わってくる。
美白になりたいのであれば、まずは日に焼けないこと。気休めかもしれないが、白色のモノを好んで食べるのが良い。
黒ずみが出来るのは黄色人種に限ったことではない、白人にだって黒人にだって出来る、目立つかどうかの違い。
黒ずみが気になるなら、その部分を日焼けしてみる。
黒ずみより肌が黒くなれば、黒ずみは目立たない、言い換えれば、黒ずみが目立つと言うことは、肌が白いということ。
鏡に映した場合、前に出ている鼻は良く見えるため黒ずみが気になるかも知れないが、「隣の芝生は青く見える」ように他人の肌のほうが良く見えるもの、気にするな!外に出て遊べ、汗をかけば新陳代謝が高まり肌のコンディションは良くなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました